12.12-14  マーク帯総合
メイン画像
0
Q:長所と短所を教えて!
A:長所は自分の意見をちゃんと言うところ。でも、人の気持ちを考えすぎて遠まわしに話してしまいがちで、うまく伝わらないことがあるのは短所だなと思います。
Q:特技はある?
A:水泳の飛び込みです! 水泳のインストラクターをやっていた母の影響で始めたんですけど、兄と一緒に岩手県代表として全国大会にも出場したくらい本気でやっていました。
1
Q:休みの日は何をして過ごしてる?
A:最近、身体をひきしめたい!と思ってキックボクシングを始めました。町田にあるジムに週2〜3回のペースで通っています。
2
3
Q:渋谷でよく行く場所は?
A:道玄坂にあるハヌリという韓国料理屋さん。ユッケジャンスープが大好きで週4日も通ってます(笑)。
Q:渋谷の好きなところは?
A:何でもそろってて、欲しいものがすぐ買えちゃうところ。
4
Q:最近買ったお気に入りのアイテムは?
A:GYDAのスキニーパンツ。今までのGYDAにはダメージデニムが多かったので、スタッフから本社に「ノーダメージも出して欲しい!」と提案してできたアイテムなんです。シルエットがすごくキレイでお気に入りです!
5
Q:好きな食べ物は?
A:辛いものが大好きです‼ もともとは苦手だったんですけど、先輩スタッフに鍛えられました(笑)。最近は仕事終わりに蒙古タンメン中本によく行きます!
6
Q:好きなテレビ番組は?
A:上京してから家にテレビがないのでまったく観てないですが、HuluとFODでドラマをよく観ています。おすすめはやっぱり「ゴシップガール」です!
Q:好きな映画は?
A:ホラー系が好きでゾンビ映画をよく観ます。最近観た「ワールド・ウォーZ」という映画はとても面白かったです!
7
Q:行きつけの美容室は?
A:3つのお店を使い分けていて、トリートメントはSHIMA DAIKANYAMA、カットは銀座にあるGARDEN Tokyo。いちばん行くのは新宿にあるAROMA hair roomで、カラーをお願いしています!
Q:行きつけのネイルサロンは?
A: 歌舞伎町にあるJasmine Nail(ジャスミンネイル)。デザインはいつも海外のセレブやモデルのインスタグラムを参考にしていて、やりたいデザインを探してお願いしています!
8
9
Q:行きつけのマツエクサロンは?
A:道玄坂にあるCrazy Beauty(クレイジービューティー)。まつげがスカスカになるのが嫌なので、2週に1回のペースで通っています。
Q:今ハマっている美容法は?
A:毎日15分くらい湯船につかって半身浴することと、立ち仕事で脚がむくみやすいのでマッサージは欠かせないですね! あと、冬場はすごい冷え性なので常にモコモコソックスを履くようにしています。
10
Q:彼氏はいますか?
A:います。付き合って1年ちょっとになります。
Q:好きな男性のタイプは?
A:年上でちゃんと自立している人。今まで年上の人としか付き合ったことがありません。兄がいるせいか年上にひかれちゃいます!
11
Q:憧れの人は?
A:海外のセレブやモデルのファッションやメイクが憧れで、VOGUEのインスタグラムをいつも参考にしています!
12
Q:最近感動したことは?
A:会社の表彰式でGYDA109店が全国で売上3位になったことと、109の上半期の表彰式で優秀賞をいただけたことはすごく嬉しかったです。
13
ショップスタッフになったきっかけは?
「もともと外国語の専門学校に通っていたのですが、就活を始めた時に、子どもの頃から好きだった洋服の仕事に就きたい!と興味を持ち、今の会社の新卒採用に応募しました」
今のお店で働き始めたきっかけは?
「高校生の頃からGYDAがずっと好きで、盛岡から仙台までよく買い物に行ってました。働くならGYDAしか考えられなかったので、内定をもらってGYDAの109店に配属された時はとても嬉しかったです!」
14
15
仕事をしていて楽しいことは?
「お客様がわざわざ会いに来てくれた時は嬉しいですし、みんなで頑張って予算を達成できた時はすごいやりがいを感じます!」
仕事をしていて大変なことは?
「7月から店長をやらせてもらっていて、それまでの4ヶ月間は引き継ぎや自分のスキルを上げるための努力が大変でした。でも、21才で店長になるというのはなかなか経験できないことだと思うので、期待に応えられるように頑張りたいです‼︎
16
仕事に対してこだわっていることは?
「個人プレーじゃなくて、チームプレーだよ!とスタッフによく伝えています。誰かがミスしても他人事にせず、自分のことのように受け止められるスタッフになって欲しいので、常にコミュニケーションを大切にしています」
17
将来の夢、目標は?
「今の目標は、企画に携わってもっとたくさんの人にGYDAを知ってもらうことです! 最終的には自分のブランドを立ち上げることが夢なので、そのために企画やデザインの経験を積んで自分の道が開けたら嬉しいです!」